IPrismシステムは知的財産法の学習方法や知識の確認を実務との関連を主眼に全学情報基盤システム、法学系学習コンテンツと連携して機能します。

このシステムは技術開発、その利用や企業経営と不可分に結び付く知的財産法に関わる実務シーンを仮想体験することで、知的財産法の知識と共に実務スキルの修得を目指すものです。


  1. ホーム
  2. 知財センター紹介
  3. 知的財産法プログラム

知財センター紹介

知的財産法プログラム

総合コース・特別コース科目構成

知的財産法プログラムは、知的財産法に関する専門的な知識・理解の修得を目指していますが、その特徴は、知的財産法の基礎の徹底にあります。どの学問分野でも基礎が重要であることは変わりませんが、知的財産法を活かして社会に貢献するためには、その基礎を確立させることが不可欠であるからです。

特に1年次は、基本科目の履修によって基礎を確固たるものとすることに主眼が置かれます。2年次には、応用科目・発展科目が履修され、1年次にもそのような科目が設けられていますが、その履修においても、常に基礎に立ち戻ることが求められます。右図は総合コースの科目構成です。特別コースの科目構成もこれと同様ですが、科目の配当年次や若干の科目について違いがあります。


基幹科目

特許法1/意匠法1/商標法1/著作権法/不正競争防止法

基礎科目

特許法2/意匠法2/商標法2/産業財産権関係条約1・2

1年次配当科目 応用科目

産業財産権法特論/産業財産権法分析1/産業財産権法基盤/産業財産権法実践/
知的財産経営/産業財産権法演習1・2

2年次配当科目 発展科目

産業財産権法展開/産業財産権法応用1/産業財産権法分析2/産業財産権法演習3・4/
知的財産法演習/国際知的財産法


  • 高度副プログラム
  • 高等司法研究科
  • 法学研究科
  • 智適塾