IPrismシステムは知的財産法の学習方法や知識の確認を実務との関連を主眼に全学情報基盤システム、法学系学習コンテンツと連携して機能します。

このシステムは技術開発、その利用や企業経営と不可分に結び付く知的財産法に関わる実務シーンを仮想体験することで、知的財産法の知識と共に実務スキルの修得を目指すものです。


  1. ホーム
  2. 入学案内

職業実践力育成プログラムの認定

     



大阪大学大学院法学研究科知的財産法プログラム(特別コース)が、文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム」(BP)として認定されました(平成28年4月より実施)。
「職業実践力育成プログラム」は、大学等におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的に、社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムとして文部科学大臣が認定するものです。
知的財産法プログラムは、弁理士や企業等における知的財産関連業務担当者にとって必要な、知的財産法全般についての基礎的知識及び知的財産管理についての実務的知識を習得してもらうことを目的とするもので、同プログラムの特別コースは、 社会人の受講に便利な大阪大学中之島センターでの授業を中心に、双方向授業科目や実務家教員の担当する科目も多く配置しています。 加えて、一般社団法人大阪発明協会と連携し、企業等からの要請に応じたカリキュラムを構築していきます。修了者には、修士(法学)の学位のほか、大阪大学知的財産エキスパート認定証を付与します。

* 授業科目の概要


  • 高度副プログラム
  • 高等司法研究科
  • 法学研究科
  • 智適塾